朝日の中の滑走

年末年始休暇の最終日。

1月3日はコハクチョウの撮影に再挑戦するために、早朝に起きて飛来地へと向かう。

3FA5E916-C3D6-41EB-BB3F-B2805F492C7B

今回は日の出時間直前の6時半頃に到着した。

上流側の川幅が広い場所には40羽くらいのコハクチョウが休んでいて、まだ食事には飛び立っていない。

FFB4014D-27AF-49F6-9CE0-72412B4B8AEE

コハクチョウはその大きな体で空中に飛び立つために、長い滑走路が必要なようだ。

飛び立つ姿を見たいので、下流側の滑走路となる直線があるエリアまで川岸を歩いて移動。

日の出前だというのに、撮影出来そうな場所はほぼカメラマンで埋め尽くされている。

白鳥写真を撮ろうとする人は多いんだなぁ〜。

周りを見渡すと、おそらく400mm以上と思われる凄い望遠レンズの砲列!

そんな中で我が家は200mm程度の望遠レンズで手持ち撮影。

辛うじて空いていた端っこから撮影を試みる。

 

さっき見た溜まり場から少しずつ下流側に泳いでくるコハクチョウ達。

F6FBA827-71A1-43F8-918F-E5C3B4D530A6

みんな家族単位で移動しているようだ。

 

朝日が差し込み川は黄金色に輝き出す。

3415B3AE-BC22-4993-B71F-F10EEA0CCD50

 

63EC01B2-0AA3-46CB-89C3-FF80E946E28B

完全に逆光だけど、この色が見たかった!

 

川霧が立ち込めた光の中で幻想的な雰囲気に包まれる。

03D11467-E56F-4971-8F8F-C57F772C1190

 

04963D52-69C3-4E61-AF39-E1E7E908E199

 

7EAD3D6B-0D05-4710-B83E-F4494471DFF4

素晴らしい光景だと思う。

 

AC1B0357-035B-4C68-849C-82ECAFF97562

 

F80BD8FA-A7E2-4BEF-A83F-34A91E3DEFFD

 

3D79F316-F7C4-4455-BBC9-75D17F6CC7CD

 

しばらくすると黄金色の滑走路を次々に飛び立って行く。

 

6A356E5E-90DD-4ED9-9334-CBFB7D03B9F9

 

54F92B46-A669-4A9A-8AB6-47CE5E3954B1

 

時間の経過とともに、光は白く明るくなり、色は無くなっていったが、コハクチョウが飛び立つ姿はとても美しいな。

FC37E60E-6DFD-4267-A8F4-6BA6D838BD50

 

202F5689-A28D-4CCB-901E-9FA96A97A681

 

5E56FD14-8D9C-441B-8FFD-D0B1E250CDF8

 

1E3BA31D-5650-4B6F-BA41-EF7CEDAF9F74

 

2303D0C1-0A1E-456A-B493-4312D83995B5

 

この時期コハクチョウは家族単位で行動するらしいので、飛び立つ時も家族の誰かが合図して一緒に飛び立つんだと思うと何だかほっこりする。

1AE43960-33F5-4B63-8D9D-818A78C6AA81

 

2165633E-C270-4A35-BE5B-E74DC916EE58

およそ2時間程度の撮影で、体(特に足の先)は冷え切ってしまった。

E307C4DF-2F22-45E6-AF47-601DA8A82E6A

でも、十分満足出来た朝だった。

 

さあ、早めに帰って昼寝をしようっと。

4E492A4D-33BC-4D41-8E41-60F5DDB3A48F

 

by    toto&yukka